亜鉛と一緒に摂りいれたい成分

亜鉛と一緒に摂りいれたい成分

亜鉛は、一緒に摂取すると吸収率を上げてくれる成分というものが存在します。
例えば、牡蠣にレモンを絞ったり、牛肉のステーキでもレモンが添えられていたりしますよね。あの行動には、亜鉛+αの要素で吸収率を高める効果があるのです。
その+αに当たるのが、マカ、ビタミンC、クエン酸、動物性たんぱく質です。
レモンは、ビタミンCやクエン酸を含んでいますから、亜鉛の多い牡蠣や牛肉とはとても相性がよい成分ということになります。
きっと、食べている本人はわざわざ亜鉛の吸収を良くするために・・・ということは考えていないでしょう。
しかし、結果オーライということで、吸収率を高めてくれるのです。これは嬉しい限り。

 

●マカはどうやって摂取すればいい?
マカは、日本国内では栽培がされていないので、摂取したい場合はサプリメントからとなります。
マカというサプリメントそのものも販売されていますが、亜鉛のサプリメントの中でもマカが配合されているものがあります。

 

●ビタミンCやクエン酸について
フルーツや野菜に多く含まれているのが両者、難しいという場合はサプリメントも販売されているので摂取が難しいということもないでしょう。
酸っぱいものを食べていればクエン酸を摂取することは可能です。

 

●動物性たんぱく質について
動物性たんぱく質そのものが、亜鉛を多く含んでいます。亜鉛のサプリメントを摂取するという時に、ステーキを食べたあとなんかは効果絶大ということが言えるでしょう。